« つ、ついに・・・ | トップページ | 花粉に負けません »

25strings-koto Revolution Concert vol.10開催決定!!

 5月28日(土)せんがわ劇場にて、

25strings-kotoRevolutionconcert vol.10

                      ~音と映像で辿る二十五絃箏の軌跡~

を開催いたします。

528_7528compressed_2


本年は、二十五絃箏誕生25周年そして、Revolution Concertが第10回目を迎える記念yearです。

第1部では「二十五絃箏誕生物語」と題し、音と映像で今までを辿り、

第2部では、私達の力を入れてきたアンサンブルに重点をおき、

・日本狂詩曲

・EtudesⅣ

・ルーマニア民俗舞曲の3曲を演奏させて頂きます。

「日本狂詩曲」は言うまでもなく、私達が力を入れて取り組んできた伊福部昭先生の名曲で、

弾く度に、新たな発見と元気を頂ける曲ですので、この曲の持つ力を是非生でお聴き頂けたら嬉しいです。

「EtudesⅣ」は4plus二十五絃箏新曲作品演奏会の中で、桑原ゆうさんに生み出して頂いた作品です。

桑原さんはじめ沢山の気鋭の作曲家の皆さんにこれまで20を超える曲を生み出して頂いております。

共に学びあいながら時間をかけて生まれた作品を、大切に演奏したいと思っております。

「ルーマニア民俗舞曲」はBバルトークの作品です。1915年にピアノの小品の組曲として作曲

された曲で、バルトークの手によって小管弦楽に編曲もされています。

今回、二十五絃箏の五重奏で編曲初演させて頂きます。

メンバーのKさんお気に入りの名曲で前々から「やりたい~」と言われていましたが、実を言うと

無理ではないかと見送っていた曲でした。

が、vol.10の今回五重奏で挑戦してみよう!と進み始めました。

今までは、それぞれの役割が割と分かれて演奏することが多かったのですが、今回は、「つなぐ」

をテーマにメンバーそれぞれの個性でメロディーを繋いでいきます。

会を重ねるということは、年を、年齢を重ねることで、それぞれのおかれる環境が年々変わって、

今までの様に中々思うようにいかなかったり…、でも年月を重ねることであえて言葉で言わなくて

も受け取りあえることがあったり、いついかなる時も4plusが存在する限りは、変わらずにたぎる

思いを音にのせて精一杯演奏したいと力を入れております。

さまざまに変化しつつも、芯の部分は変わらずに、4plusらしさを最大限出せる公演にしたいと

思っております。

4plus10回の集大成を、是非、せんがわ劇場で見届けて下さい。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------

5月27日(土)

25strings-koto Revolution Concert vol.10

        ~音と映像で辿る二十五絃箏絃箏の軌跡~

15:30開場/16:00開演

一般前売:2000円/学生前売:1500円

(当日券は500円プラスです。)

会場:せんがわ劇場(京王線「仙川駅」下車徒歩4分)

-----------------------------------------------------------------------------------------

⇓ チケットはコチラより ⇓

下記メールフォームに必要事項を御記入のうえ、送信してください。

こちらから、改めて御連絡させて頂きます。

           ⇒⇒⇒チケット受付はコチラ

« つ、ついに・・・ | トップページ | 花粉に負けません »

25strings-koto Revolution Concert」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« つ、ついに・・・ | トップページ | 花粉に負けません »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

最近のトラックバック

無料ブログはココログ